ご挨拶

地元の皆様に愛され、満足していただけるお店づくりを目指しています!

 1965年、当時としてはまだ数少なかった郊外型のパチンコ店として、当社は「三京会館」を開業しました。以来、東海市を中心とした地域のお客さまに、親しみを持って足を運んでいただけるホールであるように、アットホームなお店づくりを長年続けてきました。おかげさまで現在では、東海市に「三京会館名和店」「三京会館横須賀店」「三京会館上野店」、大府市に「三京会館共和店」名古屋市緑区に「三京会館緑黒石店」の全5店舗を展開し、各店とも「地元のホール」として愛されるお店を目指し、サービスの向上と社会貢献活動に努めております。
娯楽の多様化の中で、巨大な市場規模を誇るパチンコ業界もまた変換期を迎えています。さまざまな志向を凝らした集客アップのアイデアをはじめ、企業経営改革、業界の健全化など、業界全体の大きなうねりの中にあっても、当社には一定して変わらない「人を大切にする」という姿勢があります。お客様に向き合ったサービス、従業員を大切にした待遇…、人間本位の経営方針は今後も変わることはありません。店舗内にAEDを設置しているのも、お客様や地域近隣の万が一の事態に少しでも役立ちたい、人を大切にしたい、という考えからです。

これからもお客さまに親しみを持って足を運んでいただけるように、また従業員が自らの仕事に喜びや誇りを持てるように、心の通った温かみあるお店づくりを進めていきたいと考えています。